ロフト or グルニエ

こんばんは~

横文字は実は苦手なアイホームズです。

学生時代に再履修したっけな~と思いだすのも嫌な横文字。(>_<)

でも不動産に関することなら、なんとかします!

よく目にすると思われるこの二つの言葉。

ロフトとグルニエ。

この違いってなんでしょうか?

ロフトはデパートみたいなもの?

いやいや、そっちはLoFt(;一_一)

ん、んっんん。

話を戻しまして。

実は建築基準法では、ロフトもグルニエも同じ「小屋裏物置等」という扱いになっているんですよ。

「小屋裏物置等」の定義は以下の通りです。

・天井高が1.4m以下
・直下の階の床面積の2分の1の面積のもの

ですから居室ではありません。

居室は高さが2.1m以上なければ認められませんからね。

ここまでは理解できましたか?

この定義に則って建築すれば、容積率に算入されないので、床面積を広く取ることが出来るのです。

ではなにが違うのか?

一般的な住宅では開口部があって、ワンフロアーを2層式にしている空間をロフトと呼ぶことが多いですね。

大抵は、取り外し可能なハシゴがあると思います。

高さの制限をクリアしていれば、たとえば寝床に利用することもできるスペースですね。

これに対してグルニエは屋根裏の閉ざされた空間を利用したもの。

折りたたみ式の階段が付いていることが多いと思います。

熱がこもる場所ですから、収納としての利用に制限されますね。

この違いを理解して、実際の建物を見学しに行くと良いですね。

不動産業者の営業マンにも一目置かれるかもしれません。

ちなみにグルニエは英語で、ロフトはフランス語らしいです。

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL