中古住宅の瑕疵担保責任とは!

こんばんは~

中古住宅の取引も安心できるアイホームズです。

新築住宅の場合は売主に10年間の瑕疵担保責任が義務付けられていますが、個人間売買における瑕疵担保責任はどのようになっているでしょうか?

通常は3カ月ほどの瑕疵担保責任期間を設けるのが一般的かと思います。

もちろん、1カ月間や2カ月間、もしくは不担保とすることも出来ます。

個人間売買においては、当事者同士の合意があれば原則自由な契約内容です。

ただ双方の主張が対立しては話が進みませんので、通常は不動産会社がたたき台を作成していることと思います。

先に説明しましたように10年間の安心材料がある新築に比べ、個人間売買の中古住宅を購入するに当たっては、実体として買主がほぼそのリスクを負うことになります。

そこで重要なのが、その中古住宅に掛ける瑕疵担保責任保険。

事前に住宅の検査を行い、所有権の移転後に何か欠陥が見つかった時にはこの保険によって補修が出来るというものです。

この保険をかけて売買契約を行えば、買主側のリスクもだいぶ軽減され、中古住宅の流通に役立つとされ、業界団体でもこの夏にその瑕疵保険に加入することを認められた中古住宅に対して認定制度をスタートさせる予定です。

当社ではこのような中古住宅に対して既存住宅保険に加入できる登録を済ませておりますので、これから売却をお考えの方にも安心して取引が出来るように準備が出来ております。

価格査定だけでなく、バックアップ体制も考慮した売却活動を進めておりますので、売却時には是非とも一声お掛けいただきたくお願い申し上げます。

連日天候が荒れておりますので、今週末もまた心配が尽きませんが、購入の方も売却予定の方もご相談をお待ちしております。

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL