印紙税の新税制!

こんばんは~

税金についても学習しましょうアイホームズです。

印紙税は身近なところだと、買い物をした際に発行される領収書に貼られる印紙を見る機会がありますよね。

この4月1日からは制度が変更になっておりますのでご注意ください。

今までは3万円未満の記載金額の場合は非課税でしたが、4月1日からは5万円未満の記載金額で非課税となります。

5万円以上の金額で初めて200円の印紙を貼る事になります。

印紙は郵便局のほかコンビニでも販売されていますが、なかには200円しか置いていないお店もあり、高額な印紙はやはり郵便局に行かないと買えませんね~。

ちなみに売買契約書に貼る印紙の金額も変更になっております。

売買金額が5千万円以下(1千万円以上)の場合原則2万円です。

これが今までは1万5千円に減税されていましたが、1万円に。

5千万円を超える場合(1億円未満)は原則6万円が4万5千円でしたが、これが3万円になります。

何枚も印紙を貼らなくてすみますので、契約書がすっきりして良いですね。

銀行の振込手数料も3万円以上か以下かで金額が違いますが、これも変更になるという情報があるサイトにありましたけど、調べてみたところ変更されていませんでした。

契約に係る諸費用が少し安くなったので、これは有り難いお話です。

消費税をアップする代わりに、この辺の税金を安くしたという事ですね。

なお、不動産取得税については変更ありません。

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL