この判断はどう?~たかが飴ですけど~

こんばんは~

突然の来店者に驚くアイホームズです。

昨日のことです。

時間は夕方6時ちょうど。

当社の玄関をトントンと叩く音がしました。

ふと目をやると小学2年生か3年生くらいの男の子がこちらを覗いています。

ちょっとして扉を開けて入って来ました。

私「どうしたの?」

男児「今何時ですか?」

私「ん?6時ちょうどだよ」

男児「今ね、お母さんがまだ帰って来ないの」

私「そうなんだー、で、今まで何してたの?」

男児「公園で遊んでたの」

私「そっかー」

なんてたわいもない会話をしていると・・・・

子供の視線が接客テーブルに向っていました。

当社の接客テーブルの上には「飴ちゃん」があります。

たまたまそこにはお煎餅まで置いてあって。

男児「ぼくお腹すいちゃったなー」

という発言と同時にに、すでに手が飴ちゃんに伸びてます。

私「・・・・・・・・」

男児「もらっていい?」

一応聞くのね!

うちの子と同じくらいの幼い子供ですから、飴くらいあげてもいいかな?

なんて思いましたが、次にハッと考えが浮かびました。

そして返した答えは・・・

私「それはお客さん用なのでダメだよ」

男児「え~~」(T_T)

それはそれは、残念そうな表情でした。

私「おうちに帰るまで我慢して、お母さんのご飯を一杯食べないとね」

そうしてご帰宅願いました。

そこでとった私の行動は正しかったのでしょうか?

というのが今日のテーマです。

ここまで長くてすみません。(・_・;)

なぜ私が飴をあげなかったかというと、二つの考えがあったからです。

一つは・・・

ここであげてしまうと、今後も何度も来てしまいそうな気がした事。

そしてさらにお友達まで来てしまった日には、飴をくれるおじさんとして有名になってしまいそうな気がした事。

そんなことで有名になっても仕方ないしぃ(@_@)

二つ目は・・・

親御さんともめ事になったら困るなと考えた事。

もしも万が一家に帰って腹痛でも起こされた時には、文句を言われるのはこっちです。

親切心が仇となって帰ってくるなんて事は46年間の人生経験ですでに知っております。

セコイわけではないですよ。

ケチなわけではないですよ。

一瞬でこんな考えが浮かんだので、危険回避をしただけですよ。

念のため。。。

そんな二つの考えから、たかだか飴ちゃんですが、あげなかったのですが・・・。

これってどうなんでしょ?

賛同してくれる人いますかね?

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL