ご契約ありがとうございました!

こんばんは~

今朝も6時半からアイホームズです。

K様、本日はご契約おめでとうございました。!(^^)!

当社にとっても大変うれしゅうございます。

お客様からお申し込みいただいてから契約するまでの日数が短いと、タイトな仕事になるのがこの売買仲介のお仕事です。

本日は契約に関わる仲介会社の仕事についてご説明します。

お客様の物件選びが決まると、すぐさま「買付証明書」といういわゆる申込書を売主宛に提出します。

タイミング悪く、第三者の方(ライバルさん)が申し込みをしてくる場合もありますので、一刻を争います。

重なってしまうケースも実際良くあるんです。

ですので、「すぐさま」連絡を取り申込書をFAX送信します。

ここで初めて価格交渉を含めた条件面の調整をします。

住宅ローンの借り入れをされる場合も、その金額を決定して提出します。

何にいくらかかるのか?

そもそも何が必要なのか?

素人さんだと全く見当もつかない諸費用項目に幾らくらいかかるのかが分からないと住宅ローンの金額も決められません。

ですから、そこでのアドバイス等は仲介会社の重要な役割です。

その為には資金計画書を作成し、間違いなく購入できるように道筋を作るのです。

映画やドラマの世界でいえば、プロデューサーとか監督とかに相当するでしょうか。

交渉が纏まると、イザ契約なのですが・・・・・そんなにすぐには契約作業が出来ません。

通常であれば、法務局で謄本を取得し、役所に出向き土地についての法的なことの調査を行い、上下水道・ガスの埋設状況を確認し・・・などなど。

移動時間や調査にかかる時間は一時間位で終わるような内容ではないのです。

DSC_0751.JPG 

慣れればそんなに大したことではないのですが、ケースバイケースのことも多くあるので、注意が必要です。

会社に戻り、調査した内容を「重要事項説明書」に記載します。

当社が使用しているのはA4サイズの用紙で12ページものです。

1406637297955.jpg 
なかなかのボリュームではないですか?

誤字脱字がないか、そして記載漏れがないか、などなどを確認してやっと出来上がります。

次は契約書です。

この契約書は仲介会社が作成する場合と、売主業者が作成する場合があります。

売主が個人の場合は、仲介会社が作成するのが普通です。

この契約書も内容をよくよく確認して、やっと契約準備が整います。

それ以外にも、宅建業者として不動産取引台帳や個人情報に関する本人確認の種類等、たくさんの書類を作成します。

昔は全て手書きで作成していた書類ですが、今は全てパソコンで作成します。

キーボード入力が苦手だったり、遅かったりすると時間がかかる個人差が大きく出る作業です。

ちなみに腱鞘炎ぎみの私はPC作業をするときは、このようなサポーターをして作業してます。(どーでもいいか?(・_・;))

DSC_0757.JPG 

契約当日は、ちょっとハラハラドキドキしながら買主様のご来社をお待ちします。

実は、当社では無理やり契約して頂くようなことは皆無なので、今はドキドキするような事はほとんどないのですが、私も昔はかなりハラハラドキドキしたものです。

契約予定時間の直前に買主様から電話があると、もしかして・・・・直前キャンセル?

なーんて、よくビビっていたものです。(>_<)

重要事項説明が終わり、契約書の読み合わせ~署名捺印、手付金の授受を済ませますと、めでたく契約成立となります。

DSC_0756.JPG 

その後のお引渡までの段取りをいかにスムーズに決めて行けるかというのも仲介会社の実力が影響する大切な仕事。

・・・・・・・・・・・ん?

長くなるので、ここから先のお話はまた今度の機会にいたします。
m(__)m

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL