今月2件目の決済がありました。

こんばんは~

またありがとうございますアイホームズです。

本日はS様の決済がございました。

S様、おめでとうございます。!(^^)!

また当社をご利用いただきましてありがとうございました。

まだやるべき事がございますし、これからも末永く宜しくお願いいたします。m(__)m

さて、「なでしこ」の決勝戦についてまだ書いていませんでしたね。

そこで、アイホームズチェックをお送りいたします。

結果的に見事な勝利でアジアカップ初優勝を手にした「なでしこ」。

この試合でのターニングポイントを勝手に分析です。
(あくまでもサッカー好きなおっさんの個人的見解ですので、突っ込まないでくださいね(>_<))

まず、無失点で終えた事について。

宇津木選手と川村選手の軸がしっかりしていたことです。

多少の凡ミスもあったものの決定的な場面ではGK福元選手の好セーブ連発。

このコンビネーションはすばらしいものでした。

そして中盤では宮間選手の成長した姿が目立ちました。

過去の大会ではパサーとして活躍していましたが、今大会通して自らゴールを狙いチームの活気に一役買いましたね。

そこに阪口選手の安定感。

もちろんゴールを決めた岩清水選手の活躍は言うまでもありません。

しかし。

私の一番押しメンはなんといっても川澄選手です。

みなさん見ましたか?

あの・・・延長戦での走り

体力に限界はないんですか?って位の走り

自陣からダーッてドリブルしたところなんか最高潮です。

サッカー見てて興奮したの久しぶりでしたもの。

最後はパスを選択していましたけど、そのままシュートでも良かったのではないかと思いました。

試合終了間際での劇的なゴールは彼女を筆頭にあきらめない果敢な姿勢がもたらしてくれたものだと思います。

海外勢が不在の中でのこの結果はまだまだ成長するチームの未来が見えてくるようです。

相手のオーストラリアの勢いは開始28秒での危うい場面から、たびたびヒヤヒヤするシーンが続いていました。

その勢いを跳ね飛ばし無失点で終えた事は、今回のメンバーにとって大きな収穫だったのではないでしょうか?

そろそろ男子日本代表のキプロス戦が始まりますので、今日はこの辺で失礼いたします。

明日は定休日です。

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL