台風・・・大した事なかった・・ふぅ

こんばんは~

朝一の強風に恐怖を感じたアイホームズです。

昨日お客様に今日の立会検査を中止にしましょうかって提案したんです。

でも、やりますって元気な回答がありましたので、実行することになりました。

お昼過ぎにお客様をお迎えに行き、現地で立会検査。

その時間帯はちょうど雨もほぼおさまり、大した影響もなく検査を終える事ができました。

強烈な台風をイメージイしていたので、なんとも拍子抜けでした。

車には雨合羽と長靴まで用意して準備万端でしたが、出番がなくて良かったですよ。

さて、本日のお客様は『建物診断』を依頼されておりました。

専門的に建物のよしあしを診断する業者さんで英語ではホームインスペクションといいます。

過去のお客様はこういう依頼をされる方が少なかったので、私は2度目の経験です。

さすがに対象物件は新築建物で、検査済証まで取得している建物ですから・・・

「よくできています」

という結論で終わりました。

第三者の診断を受けて、買主様が安心して住まう事が出来るのならば、こいうのもありかなと思います。

立会検査同行というメニューも依頼されておりましたが、いつもだったら私がお客様に代わって指摘するような補修個所も、その方が先に見つけてくれていましたので、時間をかけずに終える事ができました。

ただ。。。

指摘するところがあまりなかったためか、なーんか大したことない指摘からはじまっちゃったんです。

巾木の上にほこりが溜まって汚れてるとか(-_-;)

→ これ、ちょっと拭けば良いだけの事。

わずかなクロスの汚れを指摘したり。

→ 子供の手垢かな。これもちょっと拭けば済む程度。場合によってはその場で拭いてしまいます。

結構な金額をお客様からいただいているんですから、もうちょっと専門的なところの指摘をして欲しかったかな。

建物診断を依頼されていないとやらない事と言えば、屋根裏や基礎へ入っての検査です。

今回は、屋根裏自体には全く問題がなかったそうですが、そこにノコギリを発見されたのです。

どうも大工さんが置き忘れてしまったらしいです。

そしたらそれを見つけておいて、そのままにして出てこられたんです。

思わず、

「で、ノコギリは?」って聞いたら

「私のものではないのでそのままにしてきました」って回答です。(;一_一)

そのノコギリをそのままにしておいたら、建物に多大な影響を与えてしまうとか、動かしたら建物のバランスを崩すとかの危険性があるのでしたら、下手に手を出しちゃいけないとかありますけど・・・

そんなことはないでしょ、このケース。

私には自分がやるべき事以外はやりませんって写ってしまいました。

その対応は間違っていませんし、その方の責任でもないですよ。

そもそも診断を請け負っているだけの業者さんですから、持ってくる義務もありません。

仲介会社にとっては売主様も買主様もお客様ですから、間を取り持つことが仕事です。

でも建売住宅の場合は売主様の責任で建物を建てておりますので、買主様に不利益をもたらすような補修個所などがあれば、仲介業者である私もその補修個所を積極的に探します。

それに対して診断会社の立場は、全面的に買主様の代理人としての立場です。

ですからこのようなケースで、ノコギリを取ってくる義理もありません。

ってことは良~く分かりますよ。

でも・・・・

このケースって明らかに大工さんの忘れものです。

ルールがあるのでしょうか、それとも個人差の感覚の問題でしょうか?

それくらい取ってきてもいいんじゃない?って思ってしまう私が間違っているのでしょうか。(@_@)

(この記事の内容は買主様の許可を得ております。m(__)m)

ではまたっ!

板橋区・和光市を中心に仲介手数料無料の新築一戸建て中古マンション多数!
のバナーを</font />クリックしてお入りください!
アイホームズ株式会社の社長ブログ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL