手付金!

こんばんは~

痛むわき腹はなんとか大丈夫そうなアイホームズです。

フットサルしてみましたが、プレーできる程度なので大したことなさそうです。

よかった~!(^^)!

はい、さて、ところで本日の本題です。

手付金って聞いたことありますよね。

その意味は?ってご質問をいただくことが度々ありますので、こちらでご説明しておきます。

手付金というのは諸費用ではありません。

物件価格の一部だと思ってください。(厳密にいうとちょっと違うのですが、この解釈で通用します)

3,000万円の物件でしたら、そのうちの100万円が手付金とすると残金は2,900万円という計算でOKです。

ちなみにこの金額は法律上制限があり、完成している物件でしたら、物件価格の10%。

未完成の物件でしたら5%です。

先程の3,000万円を例にすると、完成していれば300万円。

未完成でしたら150万円ですね。

制限といっても、これを超える金額を授受してもかまいません。

ただしその場合は、その手付金に保険をかけなくてはならないという法律なんです。

大手の不動産会社などで契約する場合は、このルールに則って中古物件などは必ず10%の手付金を要求しているようです。

経験上もそうでした。

一般的には新築一戸建てなどは切りよく100万円という金額が多いですね。

自己資金が少なかったり、土日のうちに即日契約する場合などはどうでしょうか。

ATMの引き出し金額の上限がありますので一日のうちに50万円までしかおろせませんよね。

ですからそれでもOKという場合があります。

中には契約時に50万円、翌月曜日に中間金として残りの50万円を振り込んでくださいというケースもあります。

この場合でも手付金の額は合計して100万円となります。

私の経験した中では手付金20万円で契約したことがあります。これが一番少なかったですね。

手付金の額は売主業者さんによって対応が異なりますので、よくご相談ください。

そしてこの手付金は、万が一解約になった場合どうなるかといいますと・・・

1.ローン審査が通らなかった場合

大抵はローン特約付き契約となっているでしょうから、白紙解約となり、手付金は全額戻ってきます。

2.買主様の気が変わってやっぱりやめたいという場合

この場合は、買主様の一方的な解約事由ですから、全額没収されます。ご注意ください。

3.売主様の気が変わってやっぱり解約したいという場合

この場合は、手付金の倍返しといって、買主が支払った金額の倍額を用意すれば、売主からの一方的な解約が認められます。

おじいちゃんが、やっぱりどうしても売りたくないと言い出した・・なんてケースが考えられますね。

このケースは業者さんが売主の場合は、そもそも販売目的で所有しておりますので、そんな経験もなければ聞いたこともありません。

なお理屈では、例えば3,000万円で契約した物件を、どうしても買いたい第3者が4,000万円でもいいからこっちに売ってくれなんて話が出れば、既に契約している人に手付金の倍返しで200万円支払えば、売主は売却先を乗り換えることができます。

売主様からすれば、200万円支払っても、結果的には儲かりますから。

でも実際にはそんなお客様が現れることもないでしょうけど、法律上はそうなんですよ。

ですから契約しても実際に決済が行われるまでは、安心できないのです。

以上でご理解いただけましたでしょうか。

ではまたっ!

板橋区・和光市を中心に仲介手数料無料の新築一戸建て中古マンション多数!
のバナーを</font />クリックしてお入りください!
アイホームズ株式会社の社長ブログ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL