立会してきました。

こんばんは~

結構細かいアイホームズです。

今日は新築一戸建てのお引き渡し前の「立会検査」がございました。

この「立会検査」というのは、お引き渡しをする前に売主業者さんと買主様と仲介業者の3者で、建物のキズや不具合をチェックするものです。

表面的な傷に関しては、この後の引っ越しで付いたものかどうか分からなくなってしまうので、この日によーく見て回ります。

買主様も気になるところでしょうけれども、仲介の立場の私も、買主様以上によーく見て回りますよ。

このように細かいところまで見て、引き渡し前に補修をしてもらった方が、買主様にとって気持ちが良いことはもちろん、売主様の担当者さんも責任を持って対応できますし、その後のお付き合いがとてもしやすくなるのです。

会社によっては、細かいところは意図的に見逃してしまうような担当者もいると思います。

売主に限らず、仲介の担当者もそうです。

でも、そのような進め方をしていくと、必ずどこかで、そのホコロビが出てしまうのが、この業界の特徴。

ごまかしたりせずに、きちんと対応してもらいましょうね。

もちろん、細かいと言っても、あまりにも「小傷」は下手に手を加えない方がいいこともあります。

こういう時には、私の方でアドバイスをさせ頂いております。

引っ越しを終えたらすぐに着いてしまうような傷は、気にしない方が良いですからね。

車の車体だったら、とても気になるかもしれませんが、住まいってそういうものとは違いますからね~。

今日行った検査の結果、補修が終了したかどうかも、きっちりと確認してから決済を行います。

こういうところもしっかりと責任を持って見て回るのが、当社のやり方です。

手間をかけて確認作業をするのが仲介会社の仕事だと思いますが、どの会社でもしっかりとやっているかどうかは、分かりません。

あくまでもこの仕事を私が習った会社でやってきたことが基本となっており、また私自身が経験してきた結果が今のスタイルです。

契約時だけでなく、お引き渡し後までのことを考えて対応しているので、あらゆるところに目を配っているのです。

ちょっと宣伝的になってしまいました。

すみません、m(__)m

明日も皆様からのお問い合わせをお待ちしております。

そして、当社ならではのご接客をさせていただきたくお願いいたします。

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL