過日の住宅ローン金利一斉値上げについて考える

こんばんは~

物件数がちょっと減ってきてますので、新規物件の販売開始に期待しているアイホームズです。

さて、既に数日経ってしまいましたが、みなさん御存じのとおり大手都市銀行の住宅ローン金利が一斉に上がったというニュースがありました。

ですが、これは10年固定金利が0.05%上がっただけです。

変動金利は変わっておりません。

安定志向な方は、当然これを機に固定金利への切り替えを検討されると思いますが、果たして焦る必要があるかどうかは、考え方によります。

確かにアベノミクス効果により市場の景気は回復基調にあると思います。

ですが、ここ2年3年というスパンで一気にみなさんのお給料が良くなるとは考えにくいのではないでしょうか?(10年先となるとちょっとわかりませんけど・・・)

過去にバブルを経験している日本です。

私見ですがあのようなことは私が生きている間には、もう起こらないのではないのかなと思います。

変動金利で最優遇を受けた場合は0.75%あたりで借り入れができる現在ですから、よーく考えましょうね。

ただフラット35の固定であれば、ちょっと話は別ですね。

SBIでは5月の実行金利はスタンダードプランで1.81%、フラット35Sの金利Bプランであれば当初5年間は1.24%(6年目以降は1.54%)ですので、この選択もありかと思います。

変動金利とは倍近い差がありますが、非常に低金利なのは間違えありません。

自動車ローンなどは4%くらいが普通ですよね。

住宅ローン金利ほど、安い金利で借り入れができる商品はありませんから。

しかし、この話は正解が分かりませんので、断言できるようなことではありません。

当社では、住宅購入を検討されているお客様には、そのような考え方のヒントをお伝えしております。

ご興味のある方は、お気軽にご相談ください。

ではまたっ!

板橋区・和光市を中心に仲介手数料無料の新築一戸建て中古マンション多数!
のバナーを</font />クリックしてお入りください!
アイホームズ株式会社の社長ブログ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL