キャッシュで買うか?ローンを組むか?

こんばんは~

お得な買い方指南のアイホームズです。

さて、本日のテーマは・・・

キャッシュで買うか?ローンを組むか?

です。。。

自己資金をお持ちの方限定の話になります。

ほとんどの方はローンを組むのであまり参考にならないかもしれませんが、そのような方も参考にご覧ください。

キャッシュで購入した時のメリットは・・・

・借金をしないで済むので銀行の審査も不要
・余計な金利を払わないで済む
・借入に関する手数料がかからない
・借入に関する保証料がかからない
(→100万円を借りるのに35年払いだと約2万600円ほどかかるのですよ)
・決済までのサイト(日数)が1週間から2週間でよい
・抵当権の設定がないので、登記費用が割安で済む

といったところでしょうか。

結構メリットが多いですね。

対してローンを組んだ時のメリットは・・・・

・住宅ローン減税が使えるので10年間は金利がないようなもの
・団体信用生命保険(略して団信)がついてくる

あれっ、そんなにないですね(・_・;)

ということは結局現金で購入した方がオトク?

お金の面から考えるとそうだと思うのですが、イザという時のことを考慮するとそうでもないかも?

そのイザってどういう時でしょうか。

もしもキャッシュで購入可能な方が現金を手元に残して、敢えて住宅ローンを組んだ場合に考えられる事です。

【その1】
急に大金が必要になったケース

良い話ではないですが、家族が大病にかかったり、入院したりして一時的に多くのお金が必要になったら手元にある預金が使えます。

お金を借りるのにこれほど安い金利で借り入れが出来るものは他にありません。

困った時に借りられないのがお金です。

【その2】
これも不謹慎かもしれませんが、万が一大黒柱であるご主人が事故にあってしまい悲しい状態になった時

一般的に銀行から住宅ローンを組むと団信がついてきます。

残債についてはこの保険で補填されますのでその後の債務がなくなります。
(分かりやすく表現するとチャラになるということです)

この点は非常に大きいのではないでしょうか。

同じ考え方をしてしまうと、繰り上げ返済をすることももったいないことになってしまうのですが・・・。(-_-;)

こう考えますと、現在のように住宅ローン減税がある状態でしたら、10年間だけでもローンを組む方が得が大きいのではないかと思います。

同様に、短期間で返済をお考えの方も、借入期間だけは最大年数で借り入れをした方が安心かもしれません。

毎月優先的に返済しないといけない借入ですから、例えば月々8万円を必ず支払わないといけない借入方法と、月々15万円を必ず支払わないといけない借入方法とで比べるとします。

これも万が一の話ですが、突然リストラにあったなどという状態を想定しますと、必ず支払わなければいけない金額は低いに越したことはないですよね。

通常の余裕のあるうちは、返済額は8万円にしておいて、15万円との差額である7万円を繰り上げ返済されたらいかがでしょうか?

そりゃその分の金利は余計な支払になりますけど、それこそ保険代だと思えばそれほどでもないような・・・

そんな考え方も念頭に置いて、考慮する事をお勧めしたいと思います。

特に今後金利が上昇する事も考えられます。

手元に現金を残しておけば、実際に金利が大きく上昇した時に繰り上げをすれば良いわけですし、今現在のように優遇金利が非常に有利な時世であれば、預金金利の上昇もある意味メリットとなるでしょう。

いかがでしょうか?

もっと詳しく聞きたい!って方は、当社へお越しいただいて一緒に考えて行きましょう。

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL