住宅ローン金利、過去最低更新=大手行の競争激化

ちょうど今Yahooニュースを見ていたら、お仕事に重要なニュースが出ていました。

タイトルの通り、住宅ローン金利がまた下がるらしいです。

以下、Yahooニュースからの引用です。

大手銀行の住宅ローン金利の引き下げ競争が激化している。各行とも過去最低の金利水準を更新。三菱東京UFJとみずほ、りそなの各行は30日、12月からの引き下げを発表した。前日公表した三井住友銀行とともに、いずれも10年物固定の最優遇金利を1.30%とする。さらに、三井住友信託銀行は1.15%まで下げる。
 住宅ローン金利は、固定型は長期金利、変動型は優良企業に貸し出す際の基準となる短期プライムレート(優遇貸出金利)に連動する。長期金利の指標となる新発10年物国債の利回りは、世界経済の先行き懸念や、総選挙後に日銀が追加緩和を強いられるとの見方から、9年5カ月ぶりの低水準となる0.695%まで低下。住宅ローン金利もこうした市場動向を反映した形だ。

どうですか?

皆さん、買い時ですか?

仲介手数料無料の物件多数!のバナーをクリックしてお入りください!
アイホームズ株式会社の社長ブログ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL