回転寿司のシステムにやられる!

こんばんは~

思わずピクッとしてしまったアイホームズです。

いつものように遅いお昼で3時過ぎの事。

時間もないので、スピーディーかつリーズナブルに済ませられる「はま寿司」で昼食を取りました。

ここは平日90円とお得な上に、活きの良いお寿司を食べられるので、ちょっとファンになっている回転ずし屋です。

時間帯が悪いので、空いていますけど、ほぼ回転しているお寿司はありません。

なので、設置してあるタブレットで注文します。

ピピピッと計4皿分。

品物が近付くと、チャッチャラチャーンと音楽が鳴って教えてくれるシステムです。

その音が鳴りましたので、間もなくの到着を待っていました。

すると・・・・

私の3席右側に座っている70歳前後らしきお父さんが、注文品と書かれた台に乗っているお皿を、サクッと取りました。

あれっ?

一瞬、こんな(??????)疑問符が頭の中にいっぱいでした。

もしかしたら、お隣さんも同じものを注文していたのかな?

と解釈する私。

基本的に事を荒たげるような事は好きではありません。(^_^)v

そのお隣さんのタブレットから音楽が鳴っていたかどうかも覚えていません。

しばらくして、他の注文品が到着しました。

ですが、注文したはずの「まぐろはらみ」は目の前にはありません。

やはりお隣さんは間違って取ってしまったのか?

と考えながらも仕方なく再注文。

で・・・・・

その「まぐろはらみ」が到着する合図の音。

チャッチャラチャーン!

私その一品しか注文していないので、間違いなく私の注文品です。

目で追っていますと・・・

な~!!!!!!!!!!!!!! なんと~~!!!!!!!!!!!!!!

またもやお隣さんがサクッと手に取りました。

これ確信犯決定でしょ!

ここで、黙っていられるような人間ではいけないと思いまして。

教えてあげないと、このシステムを。

「ちょっと、お父さん。それ私の注文品ですよ!」

「さっきも同じことしたようですけど、自分で注文しないとだめですよ!」

丁度お会計ブースのすぐ近くでしたので、私の声を聞いて店員さんが駆け寄ってきてくれました。

そしてシステムのご説明をしていました。

そしたら・・そのお父さん

「機会苦手でね~」だって。(>_<)

だからって他人が注文した品物を横取りしちゃいけないでしょ。

で、私に詫びる事もなく・・・(;一_一)

ちなみに先に私の左側に座っていた方も、どうも同じように横取りされていたようで帰りがけに店員さんに話をしていました。

「あなたが早く注意してくれていれば、私が注意しなくても済んだのにぃ~」(>_<)

そんなふうに思うのは必然ですよね。

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL