ローン解約って?

こんばんは~

昨日のアクセスが200を超えてビックリしているアイホームズです。

東京マラソンがらみのたいして面白くもない記事なはずなのに、なぜ???

ま、ま、それは良いとして本日の本題です。

最近は以前にも増して、ローン解約が目立つようになりました。

そこで・・・

ローン解約についてのご説明です。

まず、契約のことからのお話が必要ですね。

不動産の売買契約は現金をたくさんお持ちの方以外は、全員住宅ローンを使いますよね。

ですので、住宅ローンの審査が通らないと物件を買う事が出来ません。

ローンの審査に何の不安材料がない買主様でしたら、ササッと契約をする事が出来ます。

しかし、ローンが通るかどうか、疑問符が残る買主様ですと通常は金融機関の事前審査を通してからの契約となります。

ですが・・・・・

これに時間をかけていると、他のお客様に契約されてしまう恐れがあるのも事実。

さらに不動産営業マンが買主様の購入意欲が減退してしまう事を懸念するという意味合いもあります。

そこで、勢いのある不動産屋さんは、ローンの審査は後回しにして、まずは契約をする事を優先にするのです。

この契約ですが、万が一住宅ローンの審査が通らないときには、契約時に支払った手付金を全額返金してもらえて、白紙解約ができる【ローン条項】という特約が付いているのです。

解約になっても買主様の懐は痛まないのです。
(厳密には契約書に貼る印紙代は無駄になりますよ)

その代わり、心の痛みは計り知れないのですが・・・・

不動産営業マンも残念でしょけど、想定の範囲内のことなのでしょうね。

これこそがローン解約の原因の大半を占めているように感じます。

当然、不可抗力でそうなってしまうこともあるとは思いますが、それにしてもここ数カ月で再販売になる物件の多いこと。

変に焦って契約すると、こういう結果になるということですね。

不動産営業マンはこの業界で生き残るために必死です。

かくいう私も必死なのは同じですが、私こうみえても、いまだかつてローン解約を出した事がないんですよ。(^_^)v

ご契約いただいたお客様は100%引渡までたどり着いています。

これは当社の自慢でもありますし、セールスポイントでもあります。

買主様の心の痛みがひどくならないように、そして売主様が後から再販売と言う手間を取る事がないように細心の注意を払って業務を行うことを心掛けています。

当社でご契約頂いたお客様は良くお分かりだと思いますが、ローン解約を出さない代わりに、ローン審査にかける時間はものすごく早いです。

金融機関に提出する書類は、買主様にご用意いたかないといけない書類も結構ありますから、買主様のご協力も必要です。

そのご協力を得るためにも、こちらは必死に動きます。それをお客様も分かっていただけるのか、お客様の方でも、素早く動いていただけております。

信頼関係こそが全てと言っても過言ではありませんね。

不動産探しをされるお客様には信頼できる不動産屋を見つけて頂きたいですね。

もちろんそれが当社であれば大変ありがたいのですが、当社以外でも良い不動産屋さんはたくさんあると思います。

具体的には、信頼の出来る営業マンから購入する事をお勧めいたします。

そうすれば、その後、何か問題が起きても、素早く最善の対応をしてくれるでしょうからね。

ということは?・・・

不動産探しをする前に人を見る目を養う事が必要???

こればっかりは、長年生きてきた皆様の経験で判断するしかないですね。(-_-;)

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL