中古マンションの分譲時価格って?

こんばんは~

お客様から宿題を頂くアイホームズです。

今日のテーマは中古マンションの分譲時価格について。

当然一番最初に購入した方は、その分譲時価格(定価)をご存知です。

それが中古での販売を繰り返されたりすると、当初のパンフレットなどは紛失されたりして、不明になってしまう事もありますね。

今日お問い合わせを頂いた物件があったのですが、その物件について、当時の分譲時価格のご質問をお受けしまして、そのことで少し考えることがありました。

我々仲介会社には2種類ございます。

ひとつは「元付け」と呼ばれる会社。

これは売主様から直接売却の依頼を受けた会社のこと。

この立場であれば、売主様から様々な資料を受け取っているでしょうから、分譲時の価格もご存じでしょう。

そしてもう一つは「客付け」と呼ばれます。

こちらは元付けの不動産会社から発信された募集資料をもとに、買主様をあてがう会社です。

この立場では、販売図面、もしくは「マイソク」等と呼ばれる資料を元に物件情報を掲載いたしますので、あまり詳しい内容は知り得ません。

しかもそこには当時の分譲価格などは掲載されておりません。

仲介会社は情報データベースではありませんから、いきなりそのようなことを聞かれても即答はできかねるのです。

ですから実際にお幾らだったのかは、元付けの会社に聞くしかありません。

ただし、その元付け会社でさえ知らない場合もあります。

そんな場合は仕方ありませんね。

結果的には、お客様から「そんなことも知らないのかよ!」

とお叱りを受けるということで終了いたしました。

お客様は気を悪くされたのかもしれません。

ですが、以上のような仕組みで動いている業界ですから、お許しくださいね。

ん?

分かる方法が、一つありますね。

それは・・・不動産会社が利用している特殊な情報データベースを使う事。

これを利用すると、分譲当時の資料が手に入ります。

事前に取り扱うエリアの資料を全て印刷しておくことで対応可能か?

確かにそうなんですけど、一体どのくらいの数のマンションが取り扱いエリアに存在するのか?

ざっと数えてみたところ750棟超。

ちなみに一件分その資料をダウンロードするのに324円。

すると20万円オーバー(>_<)

聞けば教えてもらえるようなことに、それだけの経費はかけられませんね。

細々とやっている中小企業ですし。。。

・・・全て揃える必要はないか。

聞かれた時にだけ調べればいいかも。

あっ!

やっぱり駄目だ。

なぜか?

大抵は、販売図面に部屋番号の記載がありません。

どの部屋かを確定しないと、一覧表があったとしても分からないです。

ですから、やはり元付け会社に聞くしかありませんね。

お客様へのお願いですが、このようなご質問は、是非とも一度でもご見学いただいて、その物件について詳しく知りたいという時に、聞いていただければありがたいですね。

購入を決断するために大事なことであれば当然経費をかけてもお調べしますから。

一生懸命にお客様のサポートをする会社ですので、宜しくお願いいたします。

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL