予算を知るということから始めてみては?

こんばんは~

コーディネートするアイホームズです。

みなさん、気に入る不動産物件探しに苦戦されてますか?

物件探しのオススメ方法をひとつご紹介いたしましょう。

それは・・・・

自分の予算を知ることから始めるという事です。

予算と一言で言いましても、実は2種類あるってご存知でしたか?

ズバリ申し上げます。

A.買える金額

B.支払える金額

この2種類です。

【A.買える金額とは】

これはご自身の自己資金+ローン借入可能額です。

ご年収に応じて、借入が可能な金額はほぼ決まって来ます。

中には共働きの方もいらっしゃると思いますが、その場合は・・・・

1.それぞれが借入する

2.片方(ex夫)の年収にもう片方(ex妻)の年収を合算して、一人だけが借入する方法

とがあります。

住宅ローン控除によって源泉徴収税の払い戻しを期待するのであれば、Aの方法。

いざという時に備えて団体使用生命保険のことを考える事を優先するならばBの方法がオススメ。

いずれにせよ、この自己資金+ローン借入可能額が最大購入金額です。

(自己資金には親からの援助等も含みますね。)

そして2番目の

【B.支払える金額とは】

例えば自己資金500万円+借入可能額4500万円の方の場合は合計5000万円までの買物が可能となります。

が、しかし。

月々の支払いを10万円に抑えたい方の場合は、どうなるか?

支払い方式を変動・35年払いを選択した場合

安い金利で借り入れた場合でも月々10万の支払にする為には3670万円までの借り入れに抑えないといけません。

そうするとこの方のケースでは、500万円+3670万円=4170万円

この金額が、購入可能な金額です。

この中には諸費用が含まれますので、実際には約250万円ほどを引いて

→3920万円までの物件

を探すのが宜しい!となります。

さんざん物件を探して気に入った物件があっても、ここで予算オーバーとなると、今後の生活に影響が出てくると思いますので、初めにご自身の予算をハッキリ知っておくことはとても大切なことです。

ちなみに当社の場合は仲介手数料無料となる物件が多いので、上記のケースですと諸費用が約130万円ほどお安くできます。

その分上乗せして4050万円の物件でも同じ支払額で購入可能ですよ。
(ちょっと宣伝させてもらいました(*^_^*))

物件を探す前に予算を知る

これが本日のテーマでした。

予算を知るためには、我々不動産業者や銀行でご相談するのが一番近道です。

当社でも随時ご相談をお受けしておりますので、お気軽にお声掛けくださいね。

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL