ホントのところどうなの?買い時なの?

こんばんは~

売買不動産専門のアイホームズです。

2月に入り、賃貸市場は活況を帯びてくる季節となりました。

しかしながら売買においては一年中がシーズンとも言えます。

そこでちょいっと調べてみたました。

現在の不動産市場はどうなっているの~?

一戸建てはここ数カ月の間、販売価格の上昇が続いているようです。

割合で言えば数パーセントという数字ですが、確実に価格が上がっているようです。

ただし成約価格になると若干の低下があるという。

これってどういうことでしょうか。

先ほどの話は新築と中古をごちゃまぜにした統計なのです。

最近は中古の販売物件が増えているので、このような現況になっているのではないかと想像できます。

そして中古マンションでは着実に販売価格が上昇しております。

うん。

これ、実は良く分かります。

同業者さんとの間でも出る話なのですが、最近は買い取り業者さんでもかなり高買いしているようです。

中には、エンド向け価格でそのまま買い取っているらしいです。

買い取り業者さんは買い取るところが仕入れ。

その仕入れ物件がないと販売商品がなくなります。

在庫を作るために仕方なく高く買っているようです。

この影響も大きいのではないでしょうか?

そして購入層の意識ですが、50%以上の人が買い時と判断しているようですね。

その理由は?

1.住宅ローン金利の低下。

うんうん、良く分かります。その通りですね。

2.東京オリンピックやアベノミクス効果からの不動産価格の上昇を見込んでいる。

そう考えている人が多いんですね。

3.海外からの不動産投資による影響。

はい。最近は中国語やら英語対応可能を謳う業者さんも増えておりますので、確かにそうなのでしょうね。

ということで・・・・

果たして買い時なのかどうか?

それを決めるのはお客様自身です。

このような統計情報も参考にして熟慮してくださいね~。

ではまたっ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL