祝!サッカー日本代表!東アジアカップ優勝!

こんばんは~
このところサッカー中継が続いていて見るのが大変なアイホームズです。
昨日、やってくれましたね。ザックジャパン。
今回の大会は新戦力の発掘が目的ですので、いつものレギュラーメンバーが不在の中でも若手の選手たちで優勝を飾ってくれました。
おめでとうございます。
前半からセカンドボールを拾えずに苦戦が続いていましたが、結果は2-1の勝利となりました。
最後の方ではかなりな接戦でしたので、見てる方も手に汗握る良い試合でした。
久しぶりにザックジャパンでの良い試合だったのではないでしょうか。
五輪代表ですか?っていうくらいのメンバーでしたが、中でも存在感を見せてくれた柿谷選手のゴールはとても素晴らしかったですね。
1点目のゴールも冷静で素晴らしかったのですが、特に2点目の強烈さはサッカー経験者であれば分かりますよね。
あそこにはなかなか蹴れるもんじゃない!
なにしろシュートした時には、相手のDF+GKがいる場所に蹴り込んでるんですから。合格
彼らの動きを事前に確かめて、あそこに蹴り込んでるんですよ。
それにあのシーンでは、他にシュートコースがなかった。
いやいや、普通の人にとってはシュートコースは全く見当たらなかったのではないでしょうか。
多くの選手であればトラップして、次のプレーを選択するようなシーンだと思います。
だからこそ普通じゃない、絶賛するべきプレーなのだと思うのです。
そのシーンの動画が早速上がっておりましたのでもう一度お確かめください。
どぞ。

私は今まで柿谷選手の事をあまり知らなかったのですが、天才と言われ続けてきた選手なんですね。
香川選手(1学年上)や清武選手(同学年)よりも技術的な評価は高く、でも彼らに遅れをとってきた選手とのことです。
原因は様々言われているようですが、J2徳島へレンタル移籍した2年間の経験が彼の人間性を成長させ、天才柿谷が復活といわれるようになったとのことです。
今回のあれだけのプレーができるのであれば、代表に定着しても良かろうかと思ってしまいます。
今後の柿谷選手の活躍に期待し、注目していきたいと思います。
もちろんそのゴールにつながるドリブルを披露した原口選手の健闘も忘れてはいけませんね。
ちなみに1点目をアシストした青山選手のロングパスも見事でした。
自分がパスを受ける前にしっかりと柿谷選手のポジションを確認していたから、すぐさまあのロングパスを蹴れたんですね。
そのシーンはこちらです。
冒頭の20番青山選手をよくご覧ください。

Great!amazing!
おめでとうザックジャパン!
ではまたっ!

板橋区・和光市を中心に仲介手数料無料の新築一戸建て中古マンション多数!
のバナーを</font />クリックしてお入りください!

アイホームズ株式会社の社長ブログ

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL